タイとアジアのこの国で。 ~タイ語ニュース編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブの短期英語留学について

頭の中がタイ語と英語でごちゃ混ぜになってしまい
残念な感じで終わってしまったわたしの英語短期留学ですが(--;)
もしかしたらどなたかの検索で役に立つかも?と思い
その短期留学のことを書いてみたいと思います。

今やフィリピンは安く英語留学ができる国として
有名になってきています。
私が初めてその事を知ったのはまだタイにいたとき、
今からちょうど三年前でした。
本帰国前に引き継ぎの方が入社して、その方が
"実はフィリピンに英語留学にいこうと思っていたのだけど
この会社に入社することになった"
と話してくれたのです。


へぇ~~~となって調べてみたら、ほんとーだ!
それで、いつか時間がとれたらいってみたいなーとおもってました。
人それぞれ、語学を習得するのにどんな方法が合っているか
違うと思う。
例えば学校にいかずに生活しているだけである程度その言語が身に付く人、
学校に通った方がいい人。
学校も媒介語を使って教えるところ、その言語で教える直接法がいい人。

わたしはタイ語を話せるようになった過程があるので
自分のなかである程度ノウハウとしてそれを客観的に分析してる。


ちなみにわたしの場合は
直接法の学校に3ヶ月以上は通う。
ただし、専門的な知識や高度な単語、内容を扱う必要がない場合は
6~9ヶ月くらいで充分だとわたしは思う。

そして今度はその言語が使える環境に身をおくこと。
一番いいのは働き、揉まれるコト。。。(ToT)
悔しい思いをたくさんして
でもそのなかで自分の言ってることを聞いてくれる人を探して
話す、聞く、のinput&outputを揉まれながやる。。。(;o;)


そうすればどんな言語も二年でかのりのレベルにはなると思う。

英語ならバックグラウンドがあるし、ムリなくコミュニケーションとれるようになるのに
もう少し短くて済むんじゃないかぁ。


なもんで、一ヶ月じゃ話せるようになんてならない、
ということは充分わかっていた。

この前にかいたように、英語を話そうとすると
タイ語になってしまうので、1ヶ月いればそれは緩和されるというのは
予想がついたので、とりあえず行ってみるコトにしたのです。


長くなったので、

つづく




人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。