タイとアジアのこの国で。 ~タイ語ニュース編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの裏山ハイキング

うちはマウンテンビュー

といったら聞こえはいいけど、窓から見えるのは 山 山 山

先週、友達とここからハイキングに行こうということになり。
いつもはここからMという街に出て船で帰ってくるコースに行っているんだけど
うちの裏山がずっと気になっていたわたしは、ここに登ってみたいと提案してみた。

うちから左上に見えるライオンのような岩には行ったことがあるんだけど
うちの正面と斜め右上にある岩に行ってみたかったのだ。

お友達も気になっていたらしく、いざ。


ここの住人はアウトドアが好きな人が多いので、短パン+ランニングでトレーニングついでに
サクサク登っちゃうみたいだけど、実際は舗装されていなくてとってもラフな道。
急な傾斜を手を使って登っていく。

この時期、草も生い茂っていてちょっとした冒険でした。


これが裏山。

DSC_0588_R.jpg

DSC_0587_R.jpg


本当に草がすごくて、それを手でかき分けながら前に進む。
だけど、写真の水場の手前のところで草が凄すぎて諦めて引き返すことに。
遠くの谷間から犬の鳴き声が聞こえたので怖かったしね。

だけどはっきりいって、来た道は本当に急な傾斜だから「登れるけど絶対くだれないね」、と言いながら登ってきた…
どうやってくだろうか。
もうお尻をついて滑っていくしかないね゚(゚´Д`゚)゚ といって引き返し始めたら
なんと手前にもうひとつの道があった。

わたしたち、全然きづかなかったんだ。

なんでだろう?


その道を進み始めたら、あれほどずっと鳴いていた犬の鳴き声もすっかり聞こえなくなった。

うん、こっちの道だったんだ。

となっとくしつつ、突き進む。



少し経つと、水場に出た(写真に写っている川)。
うっそうとしてて、なんか、独特の雰囲気があった。


ここが本当に道が狭くて、足を踏み外したら岩場に落ちちゃう感じ。。。

最近ランニングしているから全然足腰も息も大丈夫だったんだけど、湿った岩場を歩くのに慣れてないから
”気を付けないとね”と言ってるそばから転んだ


それで、”いや、本当に危ないから気を付けないと”って言ってたらまた転んだ…
わたしって一体…

とりあえず、転び方が上手だったから転落しなくてよかった、と友達も申しておりましたm(_ _)m


ってか、マジで命の危険を感じるくらいやばかったよー。
無事でよかったヽ(;▽;)ノ



そこを越えたら、見たかった岩場の近くを通って、こんな風景のとこに出た。

この辺の山は登りは急だけど、一度上がっちゃえばあとはこんな緩やかな山道が連なってるんだ。

龍脈みたいー、って友達は喜んでた。


DSC_0556_R.jpg




上からの眺めは最高でした♡

DSC_0555_R.jpg


DSC_0568_R.jpg




これがライオンの頭の岩。…逆光ですが(^_^;)

そういえば3年前、初めてこの国に来た時にこのライオンの岩に登ったんだけど
ここの頂上に、一緒に行った友達の友達が居たの…おにぎり食べてた
トレイルが趣味で、週に3回くらいここを拠点に3-5時間くらい歩いているらしい。

彼もここに住んでいるということなんだけど、なかなか無い偶然、だよね!?

人と人が通り過ぎる中で、出会えるのって意味があることだと思う。


DSC_0563_R.jpg


下山して、シャワーしてビールで乾杯


帰る頃にはすっかり暗くて、ビーチ沿いのお店のライトアップがキレイでした。

DSC_0584_R.jpg


土曜日は久々にテニスをやったりとなかなかアクティブに過ごせた先週。


今週末も友達とランニング→ビールの予定だし、ちょっと走らないとな!
健康第一!(といっても週末飲みすぎて二日酔いすごかったけど まー、メリハリが大切だよね)




アジア(海外生活・情報) ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。