タイとアジアのこの国で。 ~タイ語ニュース編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語教師をやめたワケ@タイ

7年越しの熱い思いとともに渡タイし、いざ!!!!! 
(゛タイに対する想い1-3゛にわたしがタイに行こうと決めた経緯があります)

日本語教師としてわたしの生涯をまっとうするの! ザ熱血!教師

と思ったわたしですが。




はいーーーーーーーー、その熱き思い、あっさり崩れ去りました オーマイガッ


わたしが赴任したのは商業・工業学校。
ここでは第二外国語として日本語、中国語が設置されてたので
日本人、中国人、アメリカ人の先生がいました。

ここに来る学生は、どちらかというと勉強があまり好きではない、
もしくは専門の学科(電気とか工学とか)を勉強したい、というタイプの子たち。
私立の学校だったので、”お金で学歴を買う”というような子もいたかなぁ。。。


ここの生徒たち、いつも遅刻。

まだ”タイの文化”がわかっていない上(日本人的感覚)、日本語教師の熱さがあるわたしは
このままではいかん!と思い”10分までは遅刻、以降は欠席”ということにしました。

。。。。。。。。でも、時間通りに来ない!!!!!!


そこで、タイ人の主任の先生に相談すると

”ははは~、まいぺんらい! ノープロブレムよ。
私の授業にも他の先生の授業にも遅刻しまくってるから”

ってことで。


成績をつける時も、この主任の先生に

”生徒を落第させないで”

”難しいことはしないで、パスさせて”

とお願いされました。





。。。。。。。。。。なんだかなぁ


そして気づいたんだ。


あ、みんなは日本語を勉強するためにここに来てるんじゃない。
”日本語を勉強していた”という【経験、学歴】は、彼らの就職を有利にさせるんだ。
それだけなんだ。
(学校柄、卒業後はその専門分野で就職する子がほどんどでした)

もちろん、中にはちゃんと授業に来て、教えたことを覚えてくれる生徒もいたけどね。




そういうことがわかった後は、授業のスタイル、内容も変えた

田舎だったんでやることないし、友達居ないし、言葉はわからないし。



孤独で寂しくて、


一体、何のためにここに来たんだ!?


ってなって、よく、泣きながら両親と電話してたなぁ
(わたしは本当にお金がなかったので、心配した親が頻繁に電話をくれた)



旅行できていた時は、ローカルの人達とたくさんの出会い、触れ合いがあったけど
旅行と住むのとでは違うなぁ、と改めて実感した。


自分に置き換えたらわかる気もする。


わたしが日本にいた時は仲のいい友達がたくさんいた。
そんな中で、全く日本語の話せない外国人が居たらどうするか。

もちろん、外国・外国人に興味があるし、楽しんでもらいたいと思うから
一緒にご飯を食べに行ったり、観光したりすると思う。

だけど、それって数回、とか、時々なんじゃないかな。


日本語がわからないと、友達の集まりに連れて行くのもお互い気をつかうし
(第一、日本って海外のように”友達の友達”がJoinする傾向ってない。
海外は誰でもwelocome! っていうのがいいな、って思う)





まぁ、話がそれましたが。




1年、郊外で日本語教師として働いた私。

7年間溜めに溜めたあの熱き思いはどうすればいいのか…





そこで、そもそも、なんでタイに来たかったか、ということ考えた。


タイに恩返ししたい、というのはもちろんだけど

根本的にはなんでわたしがこんなにタイに心惹かれるのか知りたい。

それが単純な理由だった。


文化とか、タイ人の考えとか、タイのいろんなことももっと知りたい。




それにはタイ語が必要だ! そして働いてみよう! と思ったのです。




契約期間が終了した後、わたしは日本語教師をやめることにしました。

わたしの中のPriorityが 

日本語教師>タイ  じゃなくて  タイ------→日本語教師   だったこと、

中途半端なところに行くよりも(自分の期待に対して)底辺だったため

わりと、あっさり見切りがつきました 笑






そしてその後、一度日本に一時帰国し
今度はバンコクに拠点を移してタイ語学校に通うことに決めたのでした。




にほんブログ村 外国語ブログ タイ語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外OLへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

セブの短期英語留学について  その2<学費編>


前回はわたしの語学習得の考え、みたいになっちゃったので
今回はいくらかかったか? を書いてみます。


●学校選び
ネットで口コミを見て決めた。
(たくさんありすぎたのでいくつか絞って最後はフィーリングで)
↑なんのアドバイスにもならんがな(´ε`;)

しいて言えば
*プライベートレッスンとクラスレッスンのバランス
*生活に便利か
*日本人が少ないか
*学費
*厳し目の授業
*しかし緩めのプライベート(笑)  学校によっては平日外出禁止などもあり。



●都市選び
わたしは学校終了後に友達が遊びに来てくれることになっており
ダイビングをする予定だったので、行動もしやすいCEBUに決めました。
山が好きな人はボホールとか、自分の好きな環境で選ぶといいと思います。


●学費
わたしは一人部屋、4週間だったのでUS$1,370(3食付き、電気代別)



当時は円高で1ドル=80円くらい?だったので11万円くらい。今のレートだと14万円くらい。
エージェントを通すと30%UPくらいだったので、直接申し込みをしました。


ちなみにエージェントでの値段を見たら、今で142,000円だって。あんまり変わならいですねぇ。
(確か当時もそれくらいだった気がするからあまり変わってない?)

とすると、円高の恩恵うけたのかなー♡( ´ ▽ ` )ノ


ちなみに4週間が1クールとなっており、2クール目以降は安くなります。


     1人部屋    2人部屋     3人部屋

4WEEK   US$1,370    US$1,270    US$1,220
8WEEK   US$2,630    US$2,430    US$2,330
12WEEK  US$3,840    US$3,540    US$3,390
16WEEK  US$5,050    US$4,650    US$4,450
20WEEK  US$6,260    US$5,760    US$5,510
24WEEK  US$7,470    US$6,870    US$6,570



シェアルームの方が友達が出来ていいと思います。
来ている学生はほとんどが20代なので、三十路は1人部屋にしました笑


参考までに、下記が学費の詳細。

Enrollment fee: US$110 Tuition fee: : US$600/4weeks
SINGLE: US$650/4weeks TWIN: US$550/4weeks
TRIPLE: US$500/4weeks
Electricity charge (without air conditioner use) : US$ 10/4weeks
Discount: 12weeks- US$50 16weeks- US$100 20weeks- US$150 24weeks- US$200








●その他手続き諸費用   1ペソ 2.32円(2013年7月現在)
<現地払い>

*学生ビザ P6000
*ビザ延長費(月) 1st(+14days): P2,630   2nd(+38days): P3,330, 3rd(+30days): P3,590…
*ARC-I CARD (59日以上フィリピンに滞在する場合) - P2,900
*デポジット P3,000

※片道航空券不可





●生活費
3食ついているのでここで過ごす分にはほとんどお金がかからない。
週末は気分転換も兼ねて外食する学生が多いです。


●学生層
フィリピンのほとんどの語学学校が韓国資本です。
アメリカなどの英語圏に留学する前の準備としてまずはこちらの学校に通う、
という感じみたい。
だから行く時期にもよるかもだけど、学生のほとんどが20代の韓国人かな。

わたしはローシーズンに行ったので、全く英語が話せない、という韓国人の若者が結構多かった...

そうなると友達もなかなか出来にくわけで(What your name?もわからない、みたいな

コミュニケーションはある程度の語学力がないとできないので
そういった意味でも自分のレベルに合った学校を選ぶのは大切だなぁとしみじみ思ったのでした。

もちろん、クラス分けはされるけど、わたしが結構上のクラスだったの...
そのクラスメートは海外生活経験ありな子ばかりで英語が上手でしたけど
そうすると、どのクラスにいっても同じメンツだったり。
日本人もそうだけど、やっぱり同じ民族がいたら、母国語で話しちゃいますよね。

だから自分のレベルも上げて、出来るだけレベルの高い学校に入ったほうがいいと、
わたしは思いました。


学校は行って見ないとわからないから、向こうで学校をいくつか変えている子もいましたよ。



資金面でも敷居は高くないので、気になったら一度行ってみても損はないと思います!



自分が海外に出て思うのは、海外に出るのは難しくなんてない。
海外に出ると、日本のいい面/悪い面、海外のいい面/悪い面がみえてとても面白いです。
よく海外に出ると見聞が広がる、といいますが、本当にそう思う。

いろんなタイプのヒトがいるので、ムリに海外を勧めるわけじゃなくて
気になっているんだったら、お金と状況が許せば行ってみたらいいんじゃないかな?
と思う私でした




人気ブログランキングへ






セブの短期英語留学について

頭の中がタイ語と英語でごちゃ混ぜになってしまい
残念な感じで終わってしまったわたしの英語短期留学ですが(--;)
もしかしたらどなたかの検索で役に立つかも?と思い
その短期留学のことを書いてみたいと思います。

今やフィリピンは安く英語留学ができる国として
有名になってきています。
私が初めてその事を知ったのはまだタイにいたとき、
今からちょうど三年前でした。
本帰国前に引き継ぎの方が入社して、その方が
"実はフィリピンに英語留学にいこうと思っていたのだけど
この会社に入社することになった"
と話してくれたのです。


へぇ~~~となって調べてみたら、ほんとーだ!
それで、いつか時間がとれたらいってみたいなーとおもってました。
人それぞれ、語学を習得するのにどんな方法が合っているか
違うと思う。
例えば学校にいかずに生活しているだけである程度その言語が身に付く人、
学校に通った方がいい人。
学校も媒介語を使って教えるところ、その言語で教える直接法がいい人。

わたしはタイ語を話せるようになった過程があるので
自分のなかである程度ノウハウとしてそれを客観的に分析してる。


ちなみにわたしの場合は
直接法の学校に3ヶ月以上は通う。
ただし、専門的な知識や高度な単語、内容を扱う必要がない場合は
6~9ヶ月くらいで充分だとわたしは思う。

そして今度はその言語が使える環境に身をおくこと。
一番いいのは働き、揉まれるコト。。。(ToT)
悔しい思いをたくさんして
でもそのなかで自分の言ってることを聞いてくれる人を探して
話す、聞く、のinput&outputを揉まれながやる。。。(;o;)


そうすればどんな言語も二年でかのりのレベルにはなると思う。

英語ならバックグラウンドがあるし、ムリなくコミュニケーションとれるようになるのに
もう少し短くて済むんじゃないかぁ。


なもんで、一ヶ月じゃ話せるようになんてならない、
ということは充分わかっていた。

この前にかいたように、英語を話そうとすると
タイ語になってしまうので、1ヶ月いればそれは緩和されるというのは
予想がついたので、とりあえず行ってみるコトにしたのです。


長くなったので、

つづく




人気ブログランキングへ


タイ語と英語と、日本語。 思い出編その2

つづきです

タイ語と英語と、日本語。 思い出編その1



2週間かけてタイ語→英語の回路がようやくマシになってきたところに
タイ人登場!

先生たちがわたしに彼を紹介してくれた。が・・・タイ語が出てこない...
(タイ語英語タイ語英語。。。みたいな感じで頭の中ひっちゃかめっちゃか)


でも、その日の夜一緒にご飯を食べて話しているうちに、だんだんまたタイ語が戻ってきた♪
そのタイ人に”最初何言ってるかわかんなかったけど、タイ語思い出したんだね!”とバレたわ


そうすると~
次の日の午前中の英語の授業がズタボロ。。。
タイ語になっちゃう・・・オウノゥ!

で、午後にやっと英語に慣れてくる→タイ語忘れる

で、夜にタイ人とご飯に行く→タイ語忘れてる→話してるうちにタイ語思い出す

で、また翌日のAM中は英語忘れる。。。



なにやっとんねん



そんなこんなでわたしの1ヵ月は終わってしまいましたとさーーーーーー



この学校にきて、英語は上手にならないし
でも、以前よりはタイ語が出てくる頻度が大分減ったのよね、よくも悪くも。
お陰でさらにタイ語めちゃくちゃになるし。。。

そして今に至る。今はもっとめっちゃくちゃ ぎゃーん


そんな今ひとつ気付いたのは。


タイ語は維持してた方がいい!(えーん、気付くの遅いよーぅ)


ということで、最近またタイ語の勉強を始めているわけなのです。
喋りの練習は出来ないので、タイに居たときにはなかなか機会のなかった読解を中心にやってます。
(それでこのブログの中にもタイ語ニュースがあるんだ


ほんとは英語もがんばりたいけどなー。




人気ブログランキングへ

















タイ語と英語と、日本語。 思い出編その1


タイを離れて丸3年が経つ。はやいなぁ、どうりでタイ語が話せなくなってるわけだ

わたしは昔から英語を話セル人になりたい、とずっと思っていた。


それなのに、気付いたらタイ語を話すヒトになっていた。


在タイ時は英語を話そうとするとタイ語が出てくるし

仕事で一日中タイ語しか話さないから
日本語はなそうとしてもタイ語でちゃうし


なので、タイを離れてからはタイ語を忘れよう!と思ってた。
その結果...半年後にはタイ語が勝手に出てこなくなった。
よーしよしよし


と思ったのも束の間。


やっぱり英語はなせないし ってアタリマエだヨ


そんなわたしは、この国に来る前に英語の学校にちょっとでも通いたいと思い
1ヵ月だけフィリピン・セブに語学留学したんだ。

そのときの感覚がとってもおもしろかったのでここに書いておこうと思う。


在タイ時のわたしのタイ語力、それはネイティブには程遠いかもしれないけど
言いたいことは知っているタイ語でほぼ説明できるし
相手の言っていることも聞き取れる。

そして脳が何かを思った瞬間、考える間もなくクチからぴゅら~っとタイ語が出てくる。
マジックでクチから旗を出すヒトがいるけど、まさにあんな感じ。


それには結構自分でも驚いたことのひとつ。なんか不思議な感じなんだもん。



で。



ちなみにわたしが行った学校は、フィリピンではメジャーとなっている韓国系の経営で
生徒はほぼ全員韓国人でした。


最初にセブの語学学校に行ったとき、わたしは先生に何か質問されてもぽーっとしていた。
実際は、ぽーっとしていたのではなくて、そんな感じで言葉がぴゅーって出てくるんだと
思っていたようだ。
(↑ようだ、というのは、勝手に出てくるのは意思じゃないから無意識でそう思ってたみたい)


それで、3秒後くらいに、”ハッ(やばい、何もでてこないぞ!?)”みたいな
で、いざはなそうと思うと頭の中はタイ語→英語の変換で相当いそがしいことになるし。

ちゃんと頭で考えないと話せない、と言うことがだんだんわかってきて頭で考えて話す訓練を始めた・
そうだ、確かタイ語も最初は、いちいち頭で考えて一語一語発していたよな、と思い出した。


セブ滞在2週間を過ぎた頃から、先生に
”来た当初はよくぼーっとしてたけど、最近はちゃんと答えられるようになったね”
といわれるようになった

ようやく”英語”がタイ語よりも脳の中で優先し始めてきて証拠。。。
ボーっとしてたのではないの、ごめんなさいね
(先生たちはわたしのことをやる気ない生徒だと思ったよう・・・)



そんな矢先、タイ人の生徒が1人入学してきたのだー




つづく






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。